トップページおすすめお取り寄せスイーツリンデンバウムのバームクーヘン

リンデンバウムのバームクーヘン

リンデンバウムは、横浜市港北区で1970年に創業した本格派のバウムクーヘンにこだわる名店です。チェーン店ではないので隠れた名店と言われていましたが、現在はネット通販もできるので、遠くの人でもその味を楽しむことができます。しっとりしていながら焼き目がしっかりついたリンデンバウムのバウムクーヘンは、まさにドイツで伝統的に作られていたバウムクーヘンを継承するもので、バウムクーヘン通も唸らせる美味しさです。

バウムクーヘンは、普通のケーキのように型に入れてオーブンで焼くのではなく、柔らかめの生地を芯棒にかけて直火の前で回しながら焼き、焼けたらその上にさらに生地をかけて回し焼く、という作業を何度も繰り返すことによって作られます。生地が焼けるごとに年輪のような焼き目がつき、バウムクーヘンのおなじみの文様となるのです。リンデンバウムではこのバウムクーヘンの伝統的な作り方を守り、創業以来オーナーシェフが自らバウムクーヘンを毎日焼き続けています。バウムクーヘンは生地の配合はもちろん、火力や生地の焼け具合を見て次の生地をかけるタイミングなどが非常に重要なので、焼いている最中は常にその様子に目を凝らしていなければなりません。1本1本こだわりを持って焼き上げたバウムクーヘンは、まさに「正統派」を名乗るにふさわしい味に仕上がります。

リンデンバウムのバウムクーヘンは、冬は外側にホワイトチョコの層をつけて、夏はホワイトチョコなしで販売しています。ホワイトチョコがついている冬場の場バウムクーヘンは、夏場とはまた少し違った味わいですので、バウムクーヘン好きの人はぜひ両方食べてみてください。包装も素敵なオリジナルのパッケージで送られてくるので、ちょっとしたお礼や手土産などに使ってもいいでしょう。また、バウムクーヘンの生地でラムレーズンを包んでチョコでコーティングしたアイスラムレーズンは大人のおやつには最適。バウムクーヘンと一緒に、このアイスラムレーズンもおすすめです。

スイーツ大百科Topに戻る