トップページおすすめお取り寄せスイーツ京都・宇治 伊藤久右衛門

京都・宇治 伊藤久右衛門

伊藤久右衛門は、江戸時代から伝わる宇治茶の老舗です。創業当時は宇治田原で行っていた茶づくりを、昭和27年五代目伊藤久三が宇治へ移して会社を設立、伊藤久右衛門と名乗るようになりました。煎茶や玉露、抹茶、ほうじ茶など、さまざまな種類の宇治茶を製造する伊藤久右衛門は、最高級の宇治茶メーカーとしてその名を知られています。しかし、現在京都の街で、若者に「伊藤久右衛門」について訊ねると、その多くは「抹茶スイーツ専門店」の伊藤久右衛門を答えるのではないでしょうか。それほど伊藤久右衛門の抹茶スイーツは浸透しており、人気を集めているのです。

伊藤久右衛門のスイーツの魅力は、やはり濃厚な抹茶の味わいです。どのスイーツにも伊藤久右衛門の出来たての抹茶や番茶がふんだんに使われており、口に含んだ瞬間に感じる鮮やかな抹茶の風味に驚かわれます。伊藤久右衛門ではスイーツやお茶をその場で楽しむことのできる伊藤久右衛門茶房を宇治や平等院の近くに構えているので、京都観光に行った際にはぜひ訪れてみてください。もちろん全国からお取り寄せもできるので、気に入ったスイーツをネット注文することも可能です。大切に育てた茶葉を石臼で引くこだわりの抹茶をふんだんに使った伊藤久右衛門のスイーツは、一度食べると抹茶スイーツのイメージが一変するかもしれません。

伊藤久右衛門のスイーツの中でも特に人気が高いのが、宇治抹茶ロールケーキや、宇治抹茶だいふくなど。特に宇治抹茶ロールは、甘すぎない抹茶生地でコクのある生クリームを巻いたシンプルなロールケーキで、スポンジ上部に振りかけた抹茶がさらに濃厚な抹茶風味を醸しだす逸品で、リピーターの多い商品です。また、宇治抹茶だいふくは、もっちりした白い大福の中に、鮮やかな抹茶のあんがたっぷり入ったオリジナルのスイーツです。抹茶あんには新鮮な抹茶をぜいたくに使い、さらに生クリームをブレンドすることによって甘すぎないさっぱりした口当たりに仕上げました。大福のもっちりした感じとふんわり抹茶あんが絶妙のスイーツです。

抹茶最中や抹茶せんべいなどの和風スイーツはもちろん、洋風のスイーツが揃っているのも伊藤久右衛門の特徴で、宇治抹茶プリンや宇治抹茶生チョコレート、ネスレとコラボしたキットカット伊藤久右衛門などさまざまなオリジナルスイーツを販売しています。贈り物に便利なスイーツセットや、送料無料のお試しセット、シーズンに合わせた詰め合わせなども充実していますので、いろいろな種類を食べてみたい人にはおすすめです。

スイーツ大百科Topに戻る