トップページおすすめお取り寄せスイーツ江戸堀プリン

江戸堀プリン

江戸堀プリンは、イタリア料理で人気のデザート、クレマ・カタラーナというアイスプリンを元に作られたスイーツです。生み出したのはイタリア料理のカリスマシェフと言われる本窪田雅文で、現在では大阪市西区江戸堀の「ニュー洋食 game」というお店でも江戸堀プリンを食べことができます。もちろんネット通販も可能で、おしゃれな箱型のケースに入れられて届くので、食べた後もケースを物入れとして使う人も少なくありません。上品な水色を白のケースは贈答品にも使いやすいと好評。テレビや雑誌などで何度となく取り上げられていることもあって、今ではすっかり定番のお取り寄せプリンとなりました。

日本であまり「アイスプリン」を目にすることはありませんが、その魅力は食感のバリエーションにあります。もちろん冷凍の状態で届けられるので食べる15〜30分ほど前に冷凍庫から出して自然解凍を行い、半解凍の状態で食べるのがおすすめです。濃厚なカスタードが始めは凍っていてアイスプリンのサックリした食感をもち、食べているうちに溶けてくると、なめらかなとろけるプリンに変化していきます。また、カラメルソースとカラメルクラッシュが別添えになっているので、ほんのりビターなカラメルソースをお好みでかけたり、カリカリした食感が楽しいカラメルクラッシュをかけたりするとまた一味違ったおいしさが味わえます。

ベースとなるカスタードプリンの部分は、牛乳・卵・砂糖・生クリームのみを原料として昔ながらのシンプルな方法で作られており、どこか懐かしいようなほっとする味に仕上がっています。とはいえ、厳選した原料を使い、思い通りの食感やコクを引き出すために、毎日微妙な配合や火加減を調整しながら職人の手作業で作られているのです。特に蒸し焼きにするときの火加減はプリンの食感や美味しさを決める大切なポイントですので、最大限の注意を払いながら江戸堀プリンの味が守られています。

スイーツ大百科Topに戻る