トップページスイーツバイキング

スイーツバイキング

スイーツ好きなら一度はケーキバイキングやスイーツバイキングに行ったことがあるのではないでしょうか。「お腹いっぱいいろいろなスイーツを食べてみたい」というのは誰もが思うことです。スイーツバイキングは今では珍しくないほど一般的になり、一流ホテルなどでも行われるようになりました。しかし、スイーツだけにすぐにお腹がいっぱいになってしまって、結局損をしているような気分になることもありますよね。スイーツバイキングに行くときには、どんなことに気を付ければよいのでしょうか。

まず、普段はケーキ何個でも食べれるのに肝心のスイーツバイキングになると意外と食べれない、という人は、気合が入りすぎている可能性があります。たとえば、ケーキバイキングに行くから朝から何も食べていなかったり、時間制限があるからと勢いよく何個ものケーキを急いて食べたりはしていませんか?たくさんのケーキを食べるためには、お腹の中を空っぽにしておくのではなく、代謝を上げて胃の働きを活発にしておくことです。朝食を抜くと胃の働きが鈍くなってしまうため、たくさん食べることができなくなってしまうのです。朝ご飯は普通に食べて、できることならちょっと運動をしてから臨むのがおすすめです。もちろん激しい運動でなくても、駅まで一駅歩いてみたりするだけで十分。運動してお腹がすくだけなく胃腸によい刺激を与えて働きを活発にします。食べ始めても、勢いよく食べずにあくまでマイペースに食べ続けることが大切。実際勢いよく食べたところで、最後までそのペースで食べられるわけではなく、結局は30分やそこらでお腹がいっぱいになってしまいますので初めからマイペースで食べていきましょう。また、お店の営業時間にもよりますが、可能であればお昼前後の時間にランチの代わりにたべるのもいいでしょう。

スイーツに限らず、バイキングに行ったら残さず食べるのがマナーです。たくさんのケーキを盛ったお皿を何皿も並べてたくさん食べた気になっている人もいますが、そういう人に限って途中でお腹がいっぱいになって結局は残してしまうことも少なくありません。残ったケーキは綺麗であっても再びお客さんに出すわけにはいきませんから、結局は廃棄処分になります。お店にとっては損失にしかならないのでバイキングで残すのは完全にマナー違反です。食べられそうな数だけをこまめに取るようにして、決して残さないようにしましょう。

スイーツ大百科Topに戻る